友達のマウンティング

友達同士なのにやってしまうマウンティング

投稿日:2019年6月25日




女友達同士の間でも、ついマウンティングしたりされたりすることがあります。

私もついやってしまうことがあります。

私は高卒で仕事があまり長続きせず、今はパートなのです。

短大卒で栄養士をしていたけど辞めて正社員として働き、それも身体がしんどくて辞めた友人がいました。
その子と他の友人と三人で会ったとき、その子が来るなり私は「○○ちゃん、今何やってるの?」と開口一番に聞いたのでちょっと嫌な顔されました。

私はその子が仕事長続きしない子であってほしいと思いました。
なぜなら自分が仕事続かなくて、正社員で長く勤めている人に対して強い劣等感を抱いていたので、ついマウンティングしてしまったのです。

その子は同級生で、初めに久しぶりに会ったきっかけは、その子から某有名高級下着の試着に来ないかと誘われたことでした。
私は良いカモにされているだけだと思っていたので、自分も購入した口コミだけで広がっている美容機器の体験に誘いました。

自分だけがカモと思われるのは悔しかったからです。
これもマウンティングです。

自分だけ誘われ、もし勧誘に押されて買うことになったら相手の思うツボだと思いました。

結局お互いに試着、体験だけして購入に至りませんでしたが、私はその子に「○○ちゃんは私に下着勧めるために久しぶりに声かけてきたんじゃないの?」と言ってやりました。

私と仲良くしたいのではなく、お金欲しかっただけなんじゃないかと思ったからです。
思い返せば元々そんなに仲良かった訳でもなかったので、これはマウンティングされていると感じました。

そしたらその子は「それは心外だわ」と言っていました。

それから自然に会わなくなり、メールしても忙しいだとか、お誕生日おめでとうのメールをしても、向こうからは私の誕生日を聞いてくることすらありませんでした。

こんなマウンティングし合う関係は長続きしないし、一緒に遊んだ思い出もただ虚しいものになりました。
これからは仕事長続きしないような私でも、友人が少なくても、自分は素敵な存在だと思って生きていこうと思いました。

そうすればマウンティングしたいなんて思わなくなり、友人と一緒に楽しい時間を過ごせると思います。







マウンティングされても生き延びるためにおすすめの本

- 友達のマウンティング
-

Copyright© マウンティング.com , 2019 All Rights Reserved.